■  コラーゲンの食材ってどうよ?



コラーゲンは人間には大切な成分ですが、年齢とともに減少し、なかなか新しく生成することができない成分です。ですから、効果的に外部から補うことが必要になります。補う方法はいろいろなものがありますが、まずは食品として食べることで補うことができるコラーゲンについて考えてみましょう。

コラーゲンが豊富に含まれている食材として思い浮かぶものにはどのようなものがあるでしょうか。よくあげられるのはフカヒレや手羽先などなのではないでしょうか。フカヒレは、昔から効果的にコラーゲンを補える食材として女優さんなどにも人気があります。また、鶏の皮などもコラーゲンを豊富に含んでいるので、焼き鳥などでも女性に人気があるといわれています。基本的にコラーゲンが豊富なところは人間と同じなので、骨や軟骨、皮などにはコラーゲンが豊富に含まれているのです。

ですから、食材としてコラーゲンをたくさん取りたいと思ったら、これらの部位を料理されているところをとるといいということになります。牛テールやあんこうなども豊富にコラーゲンが含まれているといわれていますね。また、魚などの煮こごりも、コラーゲンの成分が固まってできるといわれているのでこれらを食べるのも効果があるでしょう。また、食材からコラーゲンを取るときには、一種類から大量に摂取することになることが多いですが、一日に大量に食べるよりも、継続的に食べることのほうが効果が高いとされています。

■ コラーゲン関連最新ニュース